離れていても家族でいたい 離婚後の共同養育・面会交流をもっと自然に
最近の記事
  • HOME »
  • 最近の記事 »
  • 最新情報 »
  • 共同親権運動ネットワークの意見

共同親権運動ネットワークの意見

    民法766条改正に伴う、弁護士の倫理についての要望書 2011年7月29日日本弁護士連合会会長 宇都宮健児 様東京都国立市東3-17-11好日荘B-202共同親権運動ネットワーク 日々、法曹実 …

民法766条改正に伴う、弁護士の倫理についての要望書

民法766条改正に伴う家裁の運用改善を求める要望書

  2011年7月26日竹﨑博允 最高裁判所長官 様豊澤佳弘 最高裁判所 事務総局家庭局長 様松田 清 千葉家庭裁判所長 様 東京都国立市東3-17-11.202TEL 03-6226-5419共同親権運動ネッ …

民法766条改正に伴う家裁の運用改善を求める要望書

親子関係を絶った静岡家裁藤倉徹也裁判官への抗議声明

親子関係を絶った静岡家裁藤倉徹也裁判官への抗議声明 2011年6月2日 共同親権運動ネットワーク 2011年5月18日、まだ見ぬ我が子との交流を求めた審判において、静岡家裁下田支部の藤倉徹也裁判官は、Iさんに対し、年3回 …

親子関係を絶った静岡家裁藤倉徹也裁判官への抗議声明

民法766条改正における面会交流の明文化についてのkネット声明

民法766条改正における面会交流の明文化についてのkネット声明 PDFダウンロードはこちら 2011年5月27日 共同親権運動ネットワーク 本日5月27日、「民法の一部を改正する法律案」が参議院で可決成立した。今回の改正 …

ハーグ条約意見書、日弁連宛公開質問状

日本弁護士連合会意見書「『国際的な子の奪取の民事面に関する条約』(ハーグ条約)の締結に際し、とるべき措置に関する意見書」に関する公開質問状   「日本弁護士連合会 会長 宇都宮健児 様」   2011 …

東日本の震災において別居親子の安否情報の交換を可能にするための要望書

共同親権運動ネットワークは他の別居親6団体とともに政府に対して以下の要望書を提出しました。安否情報確認は通常であっても困難ですが片親疎外の対象となっている親子は、なおいっそう互いの安否確認に困難を極めます。 東日本の震災 …

繰り返される連れ戻し逮捕についてのkネット声明 「問題は国内の法と制度と慣習だ」

繰り返される連れ戻し逮捕についてのkネット声明 「問題は国内の法と制度と慣習だ」 2011年2月4日 共同親権運動ネットワーク 福岡県警粕屋署は1月27日、離婚係争中の夫から4歳の娘を 連れ戻そうとしたとして未成年者略取 …

ハーグ条約の締結と国内親権法の整備を 一体的に進めることを求める要望書

ハーグ条約の締結と国内親権法の整備を 一体的に進めることを求める要望書 菅 直人 内閣総理大臣 様 岡田克也 外務大臣 様 千葉景子 法務大臣 様 2010年6月23日 東京都西新宿6-12-4コイトビル3F 共同親権運 …

提言集の配布にあたって

共同親権運動ネットワークでは 「共同親権・共同養育への提言」を 2010年9月10日づけで全国会議員に配布しました。 以下の文章は、提言配布にあたっての文章です。 謹呈 私たちは主に離婚によって子どもと会うのが難しくなっ …

最高裁判所要請

kネットは、2010年9月7日に、 最高裁判所宛に以下の要請をしました。 事前に最高裁判所前でアピールをし、 要請には4人が参加しました。 最高裁判所は秘書課が対応。 要望書は関係部署に回されるそうです。 家事事件の運用 …

第三次男女共同参画基本計画策定への意見

私たちは離婚後、子どもと離れて暮らす親のグループです。 特に、男性のみの会ではありませんが、離婚後親権を持つのが女性が多いため、 男性の会員が過半数を占めています。 日々、離婚や子どもとの引き離しに悩む親たちの相談を受け …

子どもの面会を利用した人質取引の禁止を求める要望書

共同親権運動ネットワークでは 以前から子どもの面会を使った家裁での人質取引について 問題してきました。 この度、具体的に植野の調停でなされた人質取引について 岐阜家庭裁判所と、同様の内容を最高裁判所宛に提出しました。 要 …

日弁連宛公開質問状

日弁連宛に質問状を提出しました。 15階の窓口では、人権2課の沢田さんという方が対応してくれました。 「とくに対立したいわけではないですし、お話を聞いていただければ わかってももらえると思っていますが、まずは誠実にお答え …

共同親権そして共同養育

2008年3月に国立市で植野史さんとともに提出した、一つの陳情が運動のきっかけだった。 面接交渉(面会交流)の法制化を求めるその陳情は採択され、国立市議会から関係機関に意見書が提出された。 陳情をきっかけにして開いた集会 …

アメリカ大使館プレスリリース「国際的な親による子の奪取に関する共同声明」

アメリカ大使館のプレスリリースです。 オーストラリア、カナダ、フランス、イタリア、ニュージーランド、スペイン、英国、 および米国の各国駐日大使による国際的な親による子の奪取に関する共同声明 「日本は、G7の中で唯一、ハー …

Page 4 / 5«345
  • メールでお問い合わせはこちら








事務所のご案内

「共同親権運動ネットワーク」
 略称:Kネット

TEL&FAX
0265-39-2116(ファックスも)
(平日午前9時~午後7時)
■事務所
〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原2208
(郵便物はこちらにお願いします)


お問い合わせはこちら

  • twitter
PAGETOP