離れていても家族でいたい 離婚後の共同養育・面会交流をもっと自然に
最近の記事
  • HOME »
  • 最近の記事 »
  • 親権問題関連資料

親権問題関連資料

kネット・メールニュース358「男性の貧困化を目指す日弁連」

□■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ □■  kネット・メールニュース  358号 □■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 「ぼくたち問題のある別居親!? 週刊金曜日のデ …

ジェンダー・ウォー

          ジェンダー・ウォー という連載を「府中萬歩記」で書いている。ぼくは10年間子どもとの接触を維持するためだけに家裁に通い続けている別居親だ。最近、家裁に …

「市民活動のひろば」への投稿、その2

            単独親権は憲法24条違反 147号で書いた原稿について、148号でお二方からご批判を受けたので、その根拠を示すように149号で書かせても …

「市民活動の広場」への投稿

        (「市民活動の広場)147号で書いた原稿について、148号では国分寺市の丹羽さんから意見が寄せられていた。この感想では、最後のところで家族責任を女性に押し付けるもの …

ジェンダー・ウォー第二回 「親子断絶防止法」、何が問題?

              ジェンダー・ウォー 第二回 「親子断絶防止法」、何が問題? この間、「親子断絶防止法」という法律の対応に振り回されている。 …

引き離されて父のもとに帰宅した子どもの手記

この意見書は、個人の係争に対してかつて父のもとに帰宅したお子さんが 後に、当時のことを思いだして書いた手記です。 現在の家庭裁判所の係争処理が後に子どもからどのように見られているのか 示唆に富む内容となっています。 この …

完全な親子断絶を審判で主張する澤田和也、長森亨弁護士

              この事件は子どもの奪い合いに母親側が人身保護法を用い、 昨年3月に子どもを引き渡した後、 その後父子の関係が途絶えたケース …

ジェンダー・ウォー 第一回 「ジェンダー・ウォー」日本版

ジェンダー・ウォー 第一回 宗像 充         「ジェンダー・ウォー」日本版 ぼくは2007年に子どもと引き離されて、2年半子どもと会えなくなり、その間子どもと離れて暮らす親 …

宗像充:分離家族、それは家父長制のリニューアルか? 

(『市民活動のひろば』147号掲載) 2ヵ月に1度の家族 先日、縁あって長野県大鹿村に引っ越した。大鹿村に引っ越したのは新しく家族ができたからだ。一方で千葉に住む娘と会うのには遠くなった。2008年に元妻と別れて娘と引き …

宗像 充:『ひとり親家庭』書評を読んで

『ひとり親家庭』書評を読んで 宗像 充 本文は、三多摩労働者法律センター「運営委員会ニュース」(No.360) の「新書で考える労働と生活」のコーナーで紹介された表題の新書 (赤石千衣子著、2014年、岩波新書)に対し、 …

宗像充「親子が親子であること、それは人権」

親子が親子であること、それは人権 宗像充(共同親権運動ネットワーク) 「宗像さん、刑務所に入っていたんですか」  と聞かれて苦笑した。離別によって子どもと引き離され子どもに会いたい別居親の運動をはじめた。 当初家庭裁判所 …

無料ダウンロード 共同養育プラン(案) 書式ひな形

kネットでは海外の養育計画を参考にしつつ、「子の養育計画フォーム」を作成しました。  当事者からの問い合わせが多く、この度、公開いたしますので、離婚や調停に際し、ご活用ください。なお、このフォームは『子どもに会いたい親の …

家庭裁判所チェック2012年版 当事者からの現場からの実態調査レポート アンケート調査結果、裁判官に気をつけろ2012 他

家庭裁判所チェック2012年版 当事者からの現場からの実態調査レポート アンケート調査結果、裁判官に気をつけろ2012 他、冊子として編集しました。 完全版をPDFでダウンロード可能です。ぜひご覧下さい。  

宗像充「離婚後の親子の今〜親子交流断絶防止法の立法化に向けて」

宗像充「離婚後の親子の今〜親子交流断絶防止法の立法化に向けて」(アジェンダ 第40号) アジェンダ40号原稿

宗像充「片親疎外と『縦割り家族』」

片親疎外と「縦割り家族」宗像充(共同親権運動ネットワーク) DCI日本「子どもの権利モニター」(2013年1月25日、115号)  ぼくたちは、子どもと離れて暮らす親のグループで会員、賛同者数は現在180名ほどいる。「子 …

Page 1 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら








事務所のご案内

「共同親権運動ネットワーク」
 略称:Kネット

TEL&FAX
0265-39-2116(ファックスも)
(平日午前9時~午後7時)
■事務所
〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原2208
(郵便物はこちらにお願いします)


お問い合わせはこちら

  • twitter
PAGETOP