離れていても家族でいたい 離婚後の共同養育・面会交流をもっと自然に
最近の記事

論文・エッセイ

国連レポート 非公式版

この文章は、DCI日本支部において、共同親権運動ネットワークの会員でもある DCIメンバーが基礎報告書をもとに作成したレポートの草稿です。 実際には、DCI日本支部からこのレポートとは別のレポートが提出されました。 国連 …

「国境を越えた子の奪い合いへの対応」FPIC会報から

面会交流支援の草分けである家庭問題情報センター(FPIC)の機関誌で紹介された、国際的な子の奪い合いについての記事。現状、論点、課題について問題を簡潔かつわかりやすく紹介しています。 夫婦間の子の奪い合いが海外で刑事罰に …

「亡国の司法 単独親権・DV防止法・人身保護請求」

先日講演でお話しいただいた後藤さんのコラムを転載します。 別居親支援の現場からも、後藤さんの法的な解説は実態と見合っていると考えます。 私たちは、DV防止法はDVの犯罪化に寄与したと考えていますが、 防止という面ではまだ …

弁護士・棚瀬孝雄さんの最新論文:「両親の離婚と子どもの最善の利益」

PDFファイルでダウンロードできます。19ページ。 下記リンクをクリックしてください。 ↓ 「両親の離婚と子どもの最善の利益」 棚瀬孝雄 日弁連の出版物「自由と正義」の12月号、 「両親の離婚・別居の際の面会交流の問題点 …

国立から始まった離婚後の親子交流の運動

国立・生活者ネットワーク 「生活者ネットくにたち」No.106 より (2009年10月20日) 宗像 充 「国立から始まった離婚後の親子交流の運動」 2年前に元連れ合いとの離別にともない、子どもとも引き離されてしまった …

「1日2分の子どもとの交流」

宗像 充 「1日2分の子どもとの交流」 ミニコミ「Dance」に公表したものです 2ヶ月に1回、2時間の子どもとの面会交流。家裁から送られてきた審判書きにはそうあった。子どもと引き離されて2年裁判所で調停と審判を重ねた結 …

座談会収録 「面会交流実現運動から共同親権運動へ」

★座談会 面会交流実現運動から共同親権運動へ ■司会   宗像 充 ■参加者 植野 史 鵜飼恵子 望月ろたす(仮名) 苅谷厚志 杉本 隆 (会報「共同親権運動」創刊号より) ■「可哀想な親」作戦 宗像 これまで、ほぼ一年 …

「別居親に子どもを育てる権利を」

宗像 充 「別居親に子どもを育てる権利を」 離婚後・別居後に離れて暮らす親子の交流 雑誌「インパクション」167号(2009年2月15日発行)に公表したものを加筆修正しました。 ぼくはこの1月で自分の子どもと1年3ヶ月に …

「『少子化ニッポン』の子育て事情 抜け落ちた視点」

宗像 充 「少子化ニッポン」の子育て事情 抜け落ちた視点 『アジェンダ―未来への課題―』22号(2008年秋号)に公表したものです 20号の「アジェンダ」では、「少子化」と呼ばれる日本の子育ての現状と課題が、多様な角度か …

「離婚後の親子交流」

宗像 充  「離婚後の親子交流」 朝日新聞2008年9月30日に公表したもです 離婚調停成立の間際に妻を殺した容疑で、愛知県の男性が8月に逮捕された。長男の親権をめぐってトラブルになっていたという。5月には、福島県いわき …

Page 3 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら








事務所のご案内

「共同親権運動ネットワーク」
 略称:Kネット

TEL&FAX
0265-39-2116(ファックスも)
(平日午前9時~午後7時)
■事務所
〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原2208
(郵便物はこちらにお願いします)


お問い合わせはこちら

  • twitter
PAGETOP