離れていても家族でいたい 離婚後の共同養育・面会交流をもっと自然に
最近の記事

論文・エッセイ

後藤富士子(弁護士):単独親権制と共同監護―民法の趣旨

単独親権制と共同監護―民法の趣旨 2011年5月10日          弁護士 後 藤  富 士 子 1 手続法と実体法の倒錯 「親権者を父母から父へ変更する」旨の審判国賠訴訟の第1審判決は、「親権者の指定又は変更の審 …

論文:「片親疎外」に関する最新情報

  ■論文冒頭より一部抜粋 離婚後の単独親権制度を採用する日本において、高葛藤の離婚家族で起きる「片親疎外」が深刻な問題となっている。   日本では「離婚は縁切り」とみなす伝統的家族観や「別居親は遠く …

「なぜ会えないの? 離婚後の親子」(「子どもの権利モニター」No.107)

DCI日本支部「子どもの権利モニター」No.107(2011年3月25日)より 「なぜ会えないの? 離婚後の親子」宗像 充 1.「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」(ハーグ条約)についての議論   第三回の …

よい子のハーグ条約講座

よい子のハーグ条約講座 ■ハーグ条約って何だ   ムナ造 最近、テレビや新聞で「ハーグ条約」ってよく聞くけど、これって何なの?   パパ 正式名称を「国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約」って言 …

後藤富士子 弁護士:改正DV防止法と婚姻費用分担

本資料は、後藤弁護士の許可を得て公開しています。 PDFダウンロードはこちらから 抗告人(原審相手方):夫 / 相手方(原審申立人):妻 長男 / 連れ去り:平成■年■月■日 抗告人代理人 弁護士 後 藤 富 士 子 1 …

後藤富士子 弁護士:ドイツの法改正と日本の家裁改革

本資料は、後藤弁護士の許可を得て公開しています。 PDFダウンロードはこちらから ドイツの法改正と日本の家裁改革 2010年11月30日 控訴人訴訟代理人弁護士後 藤 富 士 子 日本の家庭裁判所が「死に体」の如き状態で …

後藤富士子 弁護士:「子育て権」と「子の福祉」

本資料は、後藤弁護士の許可を得て公開しています。 PDFダウンロードはこちらから 控訴人:夫 / 被控訴人:妻 長女 / 長男 /連れ去り:平成■年■月下旬 控訴人訴訟代理人弁護士後 藤 富 士 子 第3 「子育てする親 …

後藤富士子 弁護士:公序良俗違反の離婚請求

本資料は、後藤弁護士の許可を得て公開しています。 PDFダウンロードはこちらから 弁護士 後藤 富士子 平成■年 離婚等請求事件 原告:妻 / 被告:夫 / 長女 連れ去り:平成■年■月■日 乙31 「離婚後の共同子育て …

後藤富士子さん「『人身保護命令』と裁判官――暴走する司法」

弁護士の後藤富士子さんが、現在裁判所で「身柄奪取」の手段として 濫用されている人身保護命令について解説したものです。 「人身保護命令」と裁判官――暴走する司法 1 「人身保護命令」と「ヘビアス・コーパス」 昭和23年に制 …

参議院調査室「国際離婚と国境を越えた子どもの連れ去り」

参議院はハーグ条約について2010年8月1日付けの「立法と調査」307号においてハーグ条約についてまとめたレポートを発表しています。これまでの論点とハーグ条約をめぐる経過についてわかりやすく解説しています。 「現状におい …

「未来を現在に浸入させる」

弁護士の後藤富士子さんの書き下ろしの論文です。 前半は裁判官のキャリアシステムについて 後半は、国家に対する親の子育て権について触れています。 面会交流の議論をするとき、 親の権利ではなく子どもの権利という意見が散見され …

国連レポート 非公式版

この文章は、DCI日本支部において、共同親権運動ネットワークの会員でもある DCIメンバーが基礎報告書をもとに作成したレポートの草稿です。 実際には、DCI日本支部からこのレポートとは別のレポートが提出されました。 国連 …

「国境を越えた子の奪い合いへの対応」FPIC会報から

面会交流支援の草分けである家庭問題情報センター(FPIC)の機関誌で紹介された、国際的な子の奪い合いについての記事。現状、論点、課題について問題を簡潔かつわかりやすく紹介しています。 夫婦間の子の奪い合いが海外で刑事罰に …

「亡国の司法 単独親権・DV防止法・人身保護請求」

先日講演でお話しいただいた後藤さんのコラムを転載します。 別居親支援の現場からも、後藤さんの法的な解説は実態と見合っていると考えます。 私たちは、DV防止法はDVの犯罪化に寄与したと考えていますが、 防止という面ではまだ …

弁護士・棚瀬孝雄さんの最新論文:「両親の離婚と子どもの最善の利益」

PDFファイルでダウンロードできます。19ページ。 下記リンクをクリックしてください。 ↓ 「両親の離婚と子どもの最善の利益」 棚瀬孝雄 日弁連の出版物「自由と正義」の12月号、 「両親の離婚・別居の際の面会交流の問題点 …

Page 2 / 3123
  • メールでお問い合わせはこちら










事務所のご案内

「共同親権運動ネットワーク」
 略称:Kネット

TEL&FAX
0265-39-2116(ファックスも)
(平日午前9時~午後7時)
■事務所
〒399-3502
長野県下伊那郡大鹿村大河原2208
(郵便物はこちらにお願いします)


お問い合わせはこちら

  • twitter
PAGETOP